XEマーケットの追証ゼロシステム

sd99ksdfs かつてFXをはじめとした証拠金取引における最悪のリスクは、口座資金以上の負債を抱えてしまう可能性があることでした。証拠金額の10倍の額の外貨を購入してそれが紙切れになった場合、証拠金額の9倍の負債を抱えてしまうというような事態も起こり得たのです。しかし、通貨や先物商品の流動性が高い現在では、そこまで相場が変動することはなく、注文が通らないということはありません。しかもFX業者はマージンコールや強制ロスカットのシステムを採用しており、口座資金がマイナスにならないようなセーフティをいくつもかけています。

それでもFXの取引ルール上、口座資金がマイナスになってしまう可能性は存在します。特にマイナーな通貨では買い手や売り手が見つからず、大幅にスリップしてしまうこともあるのです。強制ロスカットが成立しなければ損失はどんどん拡大し、いずれは口座資金を損失が超えてしまいます。いくらセーフティをかけているからといって、可能性はゼロではないというのはやはり不安要素です。


高レバレッジでも安心

特に高レバレッジの取引を提供しているXEマーケットでは、追証の発生は多くのトレーダーの心配の種でしょう。最大888倍というレバレッジをかけた状態では、損失はすさまじいスピードで拡大する可能性があるからです。

そこでXMでは追証を請求しないシステムをとっています。50%でマージンコール、20%で強制ロスカットを設定しており、それでもなおかつ決済できずに口座資金がマイナスになったときも追証を求められることはないのです。

追証ゼロが可能なのは、実際に追証を求められるようなケースが現在の為替取引とXEマーケットのシステム上ではほぼ起こらないということの証でもあります。非常にまれなケースであり、もし発生してもXEマーケットの経営を脅かすような損失にはならないので、トレーダーが支払うべき追証をXEマーケットがカバーしているのです。それでも、めったに起きないこととはいえ、追証が100%発生しないというのはトレーダーに大いなる安心を与えてくれます。

XEマーケットでは各トレーダーの口座残高を常に監視しており、状況に応じて必要な措置をとってくれます。週をまたいで相場の窓が開く瞬間などは追証が発生する典型的な瞬間ですが、その対策もきちんと行った上で追証をとらないという保証をしています。さまざまなセーフティと追証ゼロのシステムがあってこそ、安心してXEマーケットの高レバレッジの取引を存分に行うことができるのです。

関連情報

一覧

リンク

メタトレーダー4

サイトに関する情報

ご利用に関して
管理人について