時間ごとのFX市場

ssdf99ksdfs 為替相場は24時間取引が行われており、株式市場のようにクローズすることがありません。為替相場の一日はもっとも早いシドニー市場から始まり、東京、ロンドン、ニューヨークと取引の中心が移ってきます。地球を一周し、再びシドニーのから一日が始まるのです。XEマーケットでは24時間の取引を提供しており、どの時間帯でも相場に参加することができます。

日本時間を基準にするとシドニー市場で取引が活発化するのは午前5時から午前9時までの間です。東京市場が動き出すまでの時間帯にも流動性は低めながら、大手企業や金融機関のポジション整理などで相場が動くことがあります。

午前9時から夕方の4時頃までは東京時間です。この時間帯はレンジで往復することが多く、一日でも比較的穏やかな傾向があります。ただし、クロス円の相場は金融政策に関係する発言などで大きく動くこともたびたびです。

夕方4時頃からはロンドン市場、為替相場はここからが本番と言っても良いかもしれません。ユーロは世界第二位の流通量を持つ通貨であり、ユーロ/ドルを中心に大きく値が動くことがあります。クロス円も東京時間より激しく動き出す時間帯です。

午後9時からはニューヨーク市場が動き出します。取引参加者がもっとも多く、1日で一番値動きが激しい時間帯でしょう。特にiforexのトレーディングの中にある経済指標の発表が行われる事が多い午後10時半(サマータイム中なら午後9時半)は要注意の時間帯です。


経済指標発表直後の激しい値動きに注意

1日のトレード計画を立てる上で、必ずチェックしておかなければいけないのが経済指標が発表される時間です。発表される内容次第で相場は上にも下にも大きく動く可能性があります。市場マインドが変化し、トレンドの転換が起こるのもこの指標発表によることが多いです。発表される経済指標の重要性と時間、さらに相場がどう反応するかの予想も立てておくと対応しやすいでしょう。

経済指標発表後にうまく波に乗れば、大きな利益を短時間で生み出すこともできます。しかし、相場は指標の内容に素直な動きをするとは限りません。引っ掛けるような動きをすることもあるので、取引に入る際は慎重に行きましょう。

また、指標発表時には多くの注文が殺到するため、スプレッドの拡大、スリッページの発生などが起こりやすくなります。こうした普段は見られないリスクも発生するので、初心者のうちは無理に手を出さないほうが賢明です。

関連情報

一覧

リンク

メタトレーダー4

サイトに関する情報

ご利用に関して
管理人について